地質調査と地盤調査で災害に備えよう|安全な住宅を目指す

地盤改良

調べておく必要がある

ヘルメット

家の重みは常に住宅が建っている地盤が支えています。地盤が弱いと地震などの災害の時に住宅が倒壊してしまう恐れもあるのでしっかりと備えられる様にしておく必要があるので調査は絶対に必要なのです。

調査と改良工事を行なう

作業員

地盤調査は基本的に住宅を建てる前に行なわれる事が多いとされています。この調査結果が悪い場合は住宅を建てる前に地盤改良などを行なう必要があるのでしっかりと業者側の報告を聞いておきましょう。

地盤を定期的に調査

ヘルメット

大きな地震が発生すると倒壊してしまう住宅とそうでない住宅があります。これらの住宅の違いは地盤などが大きく関係してきます。地盤調査を住宅を建てる前に行なう方が多いですが、地盤は変化する可能性もあるので注意しましょう。

依頼してみることが大切

案内

表面波探査法のメリット

地盤調査や地質調査とは家を建てる前に地面の強度を測定する調査の事です。そして地盤調査の種類はいくつかあります。まずはスウェーデン式サウンディング試験です。これは先端がスクリューのようになった鉄の棒に、徐々に負荷を与えて行き、回転させながら地面に埋めて行く方式です。この試験は10mの深さまで調査する事が出来ます。そしてこの試験は最も歴史があり料金も安いです。次は表面波探査法です。この試験は機械で地震を起こし、その振動のデータから強度を測る方式です。この試験も10mの深さまで調査する事が出来ます。スウェーデン式サウンディング試験よりも表面波探査法の方が、補強工事を要しないという結果になる確率が高いです。昨今では地盤に問題があった場合は建築会社が責任を負う事になっています。ですから補強工事を行わなくても万が一の時には保証を受けられます。従って地盤調査は表面波探査法で行うほうがいいという事になります。また、地盤調査の他にも地質調査などを行なっておくと災害への備えをしっかりと行なう事ができます。

現在の主流はスウェーデン式サウンディング試験

かつては家を建築する際地盤調査は必須の調査ではありませんでした。しかし2000年に建築基準法が改正され、建物の基礎はその地盤の強度により決定する事と定められました。そのため実質地盤調査は家を建築する場合の必須の調査となりました。そして一定の地耐力がない土地は補強をしなければいけなくなったのです。家を建てる時に一番重要な基礎となる物は地盤の強さです。地盤の強さを調べる為に一番良い調査方法は標準貫通入試験等で土を取り出し、圧密試験を行う事です。しかしこの試験方法は非常に高額な費用がかかります。ですから一般にはスウェーデン式サウンディング試験が多く取り入れられています。その他に現在の地盤調査では、現地調査だけではなく太古の地形や状態等に至るまで遡って分析が行われています。