地質調査と地盤調査で災害に備えよう|安全な住宅を目指す

地盤改良

調べておく必要がある

ヘルメット

地質を調べる手段について

地盤は家の重みを支える非常に重要なものです。家が傾くなどの欠陥住宅となる原因がこの地盤の脆弱さが原因ということもあります。マンションなどの大規模建物であれば必ず地盤調査は行われますが、戸建住宅などではまだまだ根付いてはいません。地盤を確認する方法には調査会社へ依頼しなくてもその場が軟弱な地質かどうか調べる方法があります。国土地理院発行の土地条件図や都道府県が作成している地質図を確認すると有効です。最近では建売一戸建ての物件であっても販売前に調査しているケースが増えています。一戸建ての場合であればスウェーデン式サイディングと呼ばれる方法で行われるのが一般的で、費用も8万円程度と安価で可能となっています。

地盤調査の方法について

建物を支えているのは基礎の部分なので、その基礎工事をしっかりとやっておけば大丈夫と思われる方が多いですがそうではありません。基礎の支えとなっているのは地盤であるためこの地盤が軟弱で建物と基礎の重量に耐えられないと家が傾いたり地盤沈下が発生してしまいます。そのようなことが起こらないようにするのが地盤調査です。地盤調査方法にはスウェーデン式サイディング法の他にボーリング貫入標準法があります。以前にビルやマンションが建っていた土地を分割して販売している土地は要注意で。地盤調査が必須です。地盤改良により地面を固めていたことが考えられ、建物の取り壊しに合わせて土地や基礎部分も取り除くことによって地面が軟弱化していることも考えられます。