地質調査と地盤調査で災害に備えよう|安全な住宅を目指す

地盤改良

地盤を定期的に調査

ヘルメット

地盤調査の重要性について

例えば、大きな地震が来た時に倒壊する住宅とそうでない住宅があります。この違いは建物自体の耐震性の問題でもありますが、それとは別に地盤の問題でもあります。例えば、もともと沼地や池だった場所の場合だと、地盤は弱いことが多いのです。そこで、地盤調査が必要になります。地盤調査は地盤を調査することでその地盤が軟弱地盤か優良地盤かを判断することにあります。もし、優良地盤であればそのまま住宅を建築してもよいでしょうし、逆に地盤が悪い場合には地盤改良が必要になります。地盤改良とは地盤の軟弱な部分だけをユンボなどで取り除き、固化材を入れて地盤を固める方法や、コンクリートや鉄の杭を何本もいれて地盤を固める方法があります。

第三者機関に見てもらう

ところで、地盤調査についてはほんとうに必要かどうかという問題があります。地盤調査の結果地盤改良が必要だとすれば、住宅を建築する前にそれなりのお金がかかります。地盤調査の費用はスウェーデン式サウンディング試験という方法であれば3万円から5万円、表面波探査法という方法であれば5万円から8万円でできます。ただし、その後に地盤改良が必要だとすればその分だけ費用が余分にかかってしまいます。地盤改良は150万円から300万円ぐらいと考えると、決して安い費用ではないことがわかるでしょう。では、そもそも地質調査自体が必要なのかという話もあります。これに関しては判断が難しいところです。もし、どうしても気になるようでしたら第三者機関に見てもらうなどの方法を考えてみてはどうでしょうか。